【思考の現実化】ミスター長嶋から学ぶイメージの力

ふとテレビをつけますと、オリンピック特番に中畑清さんが出演していました。

中畑氏といえば、巨人の中心打者として活躍した後、2004年のアテネオリンピックにてヘッド兼打撃コーチを務め、野球日本代表を銅メダルへ導いた人物です。

同時期に監督を務めた「ミスター」の愛称で知られる長嶋茂雄について振り返り、「(彼の)思いが人と違うからすごかった」と評し、選手時代の天覧試合でサヨナラホームランを打ったエピソードを語ります。

そこには「思考の現実化」のすごさを再確認する逸話がありました。

手持ちのツールで「未来」を描く

ここでの天覧試合は、1959年に後楽園球場で行われた巨人VS阪神の試合を指します。

1959年の天覧試合

昭和天皇並びに香淳皇后がバックネット裏貴賓席に来場され、試合の様子をご覧になりました。それまで相撲や武道への天覧はありましたが、野球の試合は初めてということで、関係者は皆緊張のただ中にあったといいます。

そんな中、長嶋氏はあることを行いました。

手持ちの新聞の一面に「長嶋茂雄 天覧試合でサヨナラホームラン」と大きな字で書いたのです。

そしてその試合で、彼は本当にサヨナラホームランを打ちました。

天覧試合というプレッシャーの中、巨人は4-4の同点で9回裏を迎え、天皇の退出時刻もさし迫る中での出来事でした。

中畑氏は番組で「そこまでする人はなかなかいない」と言っていましたが、私は逆に「そこまでやったからできた」のだと思いました。

思考の現実化を知っていた?

新聞への書き込みはイメージトレーニングの一環でした。頭の中で想像するだけでなく、視覚の情報から脳に強烈なイメージを植え付けたのです。

しかも「サヨナラホームラン」は、ただ点を重ねるだけでは実現しません。宿敵である阪神との試合を繰り返し鮮明にイメージし、導かれた答えだったのではないかと思います。

長嶋氏が「思考の現実化」という概念を知っていたのかはわかりません。知らなかったとしても、それを本能的にわかって日頃から実践できていたとすれば、彼の輝かしい経歴にも納得がいきます。

天覧試合でサヨナラホームランを打った長嶋茂雄は、手持ちの新聞に実現したい未来を描いていた。頭の中だけでなく、視覚情報から脳にイメージを植え付けたのだ。

一般人のためのビジョンボード

何度も引き合いに出している「思考の現実化」ですが、もとはナポレオン・ヒルが数々の成功者から話を聞いてたどり着いた結論です。

しかし、その本を読んで実践しよう!と思っても、結果が出なかった人はたくさんいると思います。私もその一人でした。

最近、うまくいかない理由がわかりました。

私のような一般人は、頭の中でのイメージができないからです。

そこでミスターがとった、見える形で新聞に書き込むというような行動は、頭の中で具体的にイメージすることが難しい私たちにもできる方法とも言えます。

それをさらにつきつめたのが「ビジョンボード」です。

思考の現実化とはそもそもどういうことか?ビジョンボードとは一体何なのか?それらに関しては、別の記事で詳しく書いていこうと思います。

普通の人が「思考の現実化」で結果がでない理由は、頭の中で具体的なイメージができないから。「ビジョンボード」はそれを可能にする。

この記事のアイキャッチは、PexelsによるPixabayからの画像を使用しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました