年金問題に立ち向かう!権利収入(パイプライン)という対処法

老後5000万円問題

「2000万円必要」はもう古い!

2019年6月、金融庁は年金システムの崩壊を認め、定年後の夫婦二人あたり2000万円必要であると発表しました。

これに対して、どう対処していくかを真剣に考えればならないことに、皆様は気付いているでしょうか。

政府はギリギリまで都合の悪いことは発表しません。

年金問題は30年前から言われていることです。言い換えれば、30年前の時点で2000万円足りなかったということです。

今現在であれば、必要な金額として5000万円は下らないでしょう。

えー!ちょっと盛りすぎじゃないですか?

では、実際に計算してみましょう。

数字で見る実態

定年を65歳として、平均寿命の85歳までの20年間で必要な金額は、

       1か月あたり1年あたり年数合計
生活費30万円12か月20年7200万円
年金20万円12か月20年4800万円
差額2400万円

政府の発表とほぼ近い数字が出ました。

では定年が70歳、平均寿命が100歳としたらどうでしょう?

加えて年金はどんどん下がりますから月15万円と仮定して、

       1か月あたり1年あた年数合計
生活費30万円12か月30年1億800万円
年金15万円12か月30年5400万円
差額5400万円

本当に、さっき言っていた数字が出てきました!

少しでも実感が湧いてくれれば幸いです。

2つの選択肢

これを埋め合わせるためには、どうすればいいのか?

現実的な選択肢は、以下の2つです。

  • 70歳までに5000万円貯金する。
  • 毎月お金が入ってくるシステムをつくる。

このどちらか、または両方を真剣に考えなければいけない時代が来ています。

今回は毎月お金が入ってくるシステム、権利収入(パイプライン)について紹介したいと思います。

政府が発表した2000万円問題は過去の話であり、今は5000万円の時代になっている。埋め合わせるためには①貯金②権利収入のどちらかが必須。

権利収入の基礎知識

 パブロとブルーノの物語

ここで、あるアニメーション動画を紹介します。

この動画では、パブロとブルーノという2人の青年が、山の上から村まで水を運ぶ仕事に応募し、採用される所から始まります。

運んだ水の量に応じて収入が増える中、どうすればもっと運ぶ水の量が増やせるか?と2人は考えますが、答えはそれぞれ違うものでした。

パブロとブルーノの物語「日本語版」〜労働収入と権利収入〜

どうでしょう?これを見れば、ブルーノのように労働収入を得ている人も、パブロのように権利収入を得たいと思うでしょう。

少なくとも、僕はそう思います。

でも、いざパブロを真似しようと思っても、できません。っていうか無理です。そんな技術なんてありませんし、僕が作った水道管は一日で壊れる自信があります。

金持ち父さん 貧乏父さん

 では、僕みたいな普通の人が、パイプライン(権利収入)を得るには、どうすればよいか?

そのヒントが、ロバート・キヨサキ氏の『金持ち父さん 貧乏父さん』という書籍に書かれています。 

え~、本を読むのはちょっと…と思っているあなたに朗報です!

書かれている内容をわかりやすく、かつ面白く動画で解説します!

…といっても僕ではなく、オリエンタルラジオの中田敦彦氏が、ですけどね。

【お金の授業①】お金持ちになる手順

【金持ち父さん①】お金持ちになる手順

【お金の授業②】不労所得を得るためには?

【金持ち父さん②】不労所得を得るために

【お金の授業③】日本のファイナンシャル・リテラシーを上げる

【金持ち父さん③】日本のファイナンシャル・リテラシー

いかがでしたか?

真剣に権利収入が欲しいという方がおられましたら、ご連絡頂ければと思います。

この記事のアイキャッチはLoggaWigglerによるPixabayからの画像を使用しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました